給付金受給のために訴訟

給付金B型肝炎に感染している人は給付金を受給できる可能性があります。どのような人がB型肝炎給付金を受け取ることができるのでしょうか。まず受給対照となるのはB型肝炎ウイルスに持続感染している人で、感染経路が集団予防接種などの際に感染した人、つまり一次感染者です。さらに父母から、また祖父母からの代の感染となる二次感染者や三次感染者も対照になります。

集団予防接種などで感染したと思われる一次感染者の方の場合、昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までに生まれていてB型肝炎ウイルスに持続感染しており、満七歳の誕生日の前日までに集団予防接種やウイルス反応検査を受けているという事実があることが給付金受給の条件となってきます。

また集団予防接種など以外で感染原因となるようなことがないことも条件となってきます。しかし証拠集めや資料集めは自分一人ではよくわからないこともあると思いますので、知識の豊かな弁護士事務所などに相談しておこなうと良いかもしれません。訴訟の結果国から最大で3600万円の給付金を受給できる可能性がありますので、自分の判断で諦めてしまうのではなく、専門知識のある弁護士に相談することから始めましょう。