給付金獲得に向けて 

医師1

大人になってからB型肝炎に感染していることがわかるケースとしては、献血をしたら感染していることが発覚したなどの場合があります。

B型肝炎に感染していることがわかったものの、予防接種を受けたかどうかもはや定かでなかったり、母子手帳なども残っていなかったりという場合もあるでしょう。

このような場合もまずは専門家に相談してどのような対処ができるか調べてみましょう。弁護士に仕事を依頼することでどうしても弁護士費用というものがかかってくるわけですが、B型肝炎の訴訟に関しては国から給付金とは別に給付金額の4%の金額が弁護士費用として支給される仕組みになっています。

国から弁護士費用の一部負担があるということで、負担が軽くなっています。B型肝炎に関する給付金制度では感染が確認された人に自動的に支払われるわけではなく、訴訟手続きをしなければなりませんし、集団予防接種による被害やこうした救済制度に関して知識がない人も多いため、まだまだ救済を受けることができた人は少ないようです。

もしかするとB型肝炎に感染していることがわかったもののどうしていいかわからず悩んでいる人もいるかもしれません。

まずはこうした案件を数多く扱っている弁護士事務所などに相談をしてみることをおすすめいたします。

「給付金受給のために訴訟」

参考元『アディーレ法律事務所
https://www.adire-bkan.jp/